K.ライコネン直筆サイン入り 本人用レーシングスーツ 2007年シーズン後半戦使用品
フェラーリ関連商品をチェック

カーレース 歴史

カーレースの記録として歴史に残るドライバーは、セナでなく。

カーレースF1に参戦しているチームドライバーの中で、
最も歴史に残るドライバーといったら、
「アイルトン・セナ」だと思います。

カーレースでのタイトルを3回勝ち取り、
世界一速いドライバーとして知られていましたが、
イモラの悪夢による惨劇で死に至った時には、
世界中を悲しみに包み込みました。

ドライバーでカーレース中に事故死した数は、
意外にも多く、過去に27人いますが、
F1の歴史上最も悲惨な事故だったと言われています。

過去4回ものタイトルを持つ「アラン・プロスト」もしかり。
セナとの因縁の戦いもまた印象に強く、歴史に残すこととなりました。

セナ、プロストを押しのけ、
7回ものカーレースの世界チャンピオンに輝いたのは
「ミハエル・シューマッハ」です。
過去にも現在にもこれを更新した者はまだいません。
「ルノーのアロンソ」の登場などにより、
世代交代として引退をしたシューマッハですが、
F1の歴史に大きく残るタイトル数と言えるでしょう。

カーレース 歴史

カーレースの歴史上、最も悲惨な事故。セナよ永遠に。

カーレース歴史あるモータースポーツです。
様々なカーレースが各国で行われてきましたが、
F1はその中でも安全だと歴史の中で言われてきました。

しかし、1994年サンマリノグランプリにて事故が多発。
ドライバーが二人も死亡するという、
F1の歴史上最も悲惨なグランプリとなってしまいました。

レーシングドライバー、アイルトン・セナは、
マクラーレンからウィリアムズに移籍して翌年の1994年に、
サンマリノグランプリに参戦。
カーレース中、スタートを切ってすぐのコーナーを曲がりきれずにクラッシュ、
帰らぬ人となってしまいました。
この時の悲劇を「イモラの悪夢」として、
カーレースF1の歴史に今もなお刻まれています。

また、サンマリノグランプリのサーキットである、
アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ
通称、イモラ・サーキットには、
「タンブレロ・コーナー」の方向に向かって、
うつむきに加減に座っている「アイルトン・セナ」の銅像があります。

カーレース 歴史

カーレースF1の歴史は、意外と短く。

カーレースといえばF1ですが、
その歴史は以外にも短いんです。

戦前から様々な国で独自のカーレースグランプリを行っていましたが、
歴史もまた様々で、国によってルールが異なり、
世界選手権と名の付くカーレースはありませんでした。

1947年にパリを拠点とするFIAが組織され、
正式にF1規定が誕生しました。
1950年には各国のグランプリを統一し、
歴史上初めて世界選手権として発足したのです。
カーレースはそれまで、フランス主導のもと行われてきました。
そのため、F1グランプリのグランプリとは、
フランス語で大賞という意味になるそうです。

F1の第一戦はイギリスのシルバーストンで1950年に開催され、
イタリアドライバーのG・ファリーナが優勝。
F1の歴史がここから始まったのです。

カーレース 歴史

カーレースインディーの歴史を知る。

インディカーレースを皆さんご存知でしょうか。
アメリカ(北米)を中心に行われるカーレースで、
百年近い歴史があります。

元々はカートシリーズの一戦でしたが、その後分離し、
現在はインディー・レーシング・リーグというカーレースシリーズを独自で行っています。

中身はF1と全く同じ。
歴史が深いインディカーレースの、その人気はすごく、
シリーズの一つである、
インディアナポリス市のインディアナポリス・モーター・スピードウェイでは、
年間40万人もの観客を集めています。
(インディアナポリスではF1グランプリも開催されます)
歴史あるインディカーレースは賞金が高いことでも知られていて、
コーナーによっては390キロものスピードを出すなど、
見所はいろいろあるようです。

カーレース 歴史

カーレースラリーの歴史は、ダントツにヨーロッパ。

カーレースと名の付くものは様々ですが、
ヨーロッパのラリーには歴史があります。

この頃になってやっと、
日本国内でも「ラリー・ジャパン」が初めて開催されましたが、
歴史あるFIA選手権タイトルのラリー大会は、
ヨーロッパではこれまでに百年近くもの間にわたって開催されているため、
その歴史の差は大きいです。

林道や、公道、山道を走るラリーの人気はすごく、
F1やインディーレースなどのように整備されたサーキット場で走るのとは全く別物で、
カーレースのファン層はそれぞれ二分しています。

日本ではまだまだ知名度がなく、
未だにラリーはヨーロッパの競技だと思われています。
それもそのはず、日本ではカーレースラリーのイベントなどを加えても、
わずか7年程しか歴史がありません。
今後の世界情勢を考えても、地球環境に良いはずが無いカーレース、
国内での開催中止を求める世論の声もその内聞こえてきそうです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。