K.ライコネン直筆サイン入り 本人用レーシングスーツ 2007年シーズン後半戦使用品
フェラーリ関連商品をチェック

カーレース ソーラー

ソーラーカーレース鈴鹿の現状は、学生も参戦。

ソーラーカーによるカーレースが年々進歩してきました。
鈴鹿サーキットにて本格的なカーレースが行われるようになって、
早いもので16年目を迎えます。

「ソーラーカーレース鈴鹿」は、
国際自動車連盟FIAが公認した世界で唯一のソーラーカーレースで、
日本が絶対に誇るべき一つです。
当初は、企業からの参戦が多かったのですが、
近年では高校・高専・専門学校・大学生など学生による参加が目立ち、
およそ全体の7割以上を占めています。

電池で走る未来の自動車の開発は、
企業によってどんどん進歩してきています。
2年後には量産型のソーラーカーが公道を走っていることでしょう。
ソーラーカーレースに参加している学生達の力を企業が吸収し、
更なる発展と進化をスピードを上げて成し遂げていって欲しいものです。

カーレース ソーラー

カーレース・ソーラーカー。オーストラリアではよく走る。

カーレースといえば、F1やフォーミュラニッポンなど、
ガソリンを使用した車両のレースを思い浮かべますよね。
しかし、今はソーラーカーなるラジコンカーが、
カーレースを行っているんですよ。

あの有名なホンダ技研工業からもソーラーカーのカーレースに参戦していて、
結構白熱しているとか。
干ばつが進むオーストラリアでのソーラーカーによる横断レースが今年行われました。
雨が降らず、良く走ったと関係者の声をテレビ放送で聞きました。
雨が降らず、水不足が心配で複雑な心境ですが、
それでも未来への大きな第一歩を踏み出せたのではないでしょうか。

近い未来世界中のカーレースが、ガソリンを使わない、
太陽の光を浴びて走るソーラーカーへと衣替えしていることが、
F1を含め、技術革新として期待します!

カーレース ソーラー

F1カーレースが、ソーラーカーで実現する未来!

世界各国で石油の価格が高騰している現在も、
F1を始めとしてたくさんのカーレースが日々行われています。
環境破壊に急速に近づいている一つの要因とすら言われているにもかかわらず、
鈴鹿サーキットでの日本グランプリの席は毎回開催されるごとに超満員です。

ソーラーカーをご存知ですか?
今各地で話題になっているソーラーラジコンカーです。
カーレースも行われていますよ。
太陽の熱で走行するため、
雨天になるとソーラーレース自体が延期、または中止になるんですが・・・。

しかし、環境にいち早く取り組んでいる企業によって、
このソーラーレースが世間に徐々にですが知られるようになってきました。
手のひらサイズのソーラーカーが、
今ではF1レーシングカーの大きさになり、
人間のドライバーが実際に操作し、レースをしています。

私個人的な主観が入ってしまいますが、
オイルマネーとして、色々な影響を与えている中東の石油。
他者依存ではなく、他者共存というスタンスが取れる、
「日本」という国を残すため、
ソーラーカーレースがもっと盛んになり、
日本のソーラー技術が上がり、
脱石油燃料という未来が早く実現する事を、
カーレースファンとしてではなく、
日本を愛する国民として、期待します。

カーレース ソーラー

ソーラーカーレースでダントツで優勝したのは、、、

ソーラーカーをみなさんご存知ですか?
ガソリンを使わないエコカーで、
その名の通り、太陽の熱を充電して走行する、
通称ラジコンカーとも言われていますが、
このソーラーカーのカーレースが今、
各地で行われ始めているんです。

カーレースには、トヨタやホンダに続き、
一般の部からも参戦しているそうです。
F1で有名なあの鈴鹿サーキット場でも、
ソーラーカーレースが開催されたそうですよ。

太陽の熱をいっぱいに浴びたいためか、
やたら横幅が大きく、飛行機に似た形の車体がいっぱい。
中には、ドラえもんなどのユニークなものまでありますので、
鳥人間コンテストを、彷彿とさせますが、
大人の男のロマンなんでしょうかね、、、。
ちなみに、ホンダがダントツトップだったようです。
環境に優しいソーラーカーですから、
どんどんレースを開催してアピールして欲しいものです。

カーレース ソーラー

ソーラーカーのカーレースを盛り上げて、技術革新を!

いろいろなカーレースがありますが、
国内では、今ソーラーカーに注目が集まっています。
日本だけではなく、
世界でもソーラーレースが数年前から各地で行われていますが、
ソーラーカーの最大の魅力が、その名の通り、
太陽熱を利用したエコ。
カーレースとは規模が違いますが、
テレビ番組の鉄腕ダッシュなどでも、
ソーラーカーで日本一周といった企画をしていますし、
ソーラーカーの可能性を感じます。

ガソリンではなく、
電気や太陽熱を充電しながら走行するラジコンカーは、
世間一般にはまだあまり知られてはいませんが、
現在の世界状況ゆえに最も重要視され、
様々な分野から注目を集めてきています。

2007年には、オーストラリア横断に成功し、
ガソリンを使わない量産型自動車の開発に、
また一歩近づいたというニュースが報道されました。

世界各国でF1・F3などのカーレースに熱狂する間にも、
石油は減り続け、環境破壊が進んでいます。
参戦している全ての自動車メーカーが、
ソーラーカーの開発に本腰を入れて臨んでくれたら、
急速に発売までの道が開けるのじゃないか、、、
なんて、カーレース好きの私が思っても、
なかなか真実味はありませんが、
ソーラー技術は、日本が世界でもトップクラス。

カーレースの最高峰のF1で一番を取る事もすばらしい事ですが、
ソーラーカーを開発し、石油に頼らない車社会。
それを実現させるとこも、日本の技術としても、
すばらしい事なのではないでしょうか??

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。