K.ライコネン直筆サイン入り 本人用レーシングスーツ 2007年シーズン後半戦使用品
フェラーリ関連商品をチェック

カーレース ドライバー

カーレースドライバー。今も愛されるセナ。

カーレースといったらF1です。
歴史に残るドライバーの中でも、
私はアイルトン・セナのファンでした。

三回のワールドチャンピオンに輝き、
161戦41勝とういう驚異的なスコアでタイトルを、
幾つも勝ち取っていたアイルトン・セナ。
ドライバーとして34歳の若さでサーキット中に亡くなってしまいましたが、
今もなお根強いファンは世界中にいます。

カーレースドライバーとして約10年たらずでしたが、
そのドライビングテクニックとスピードは、
デビュー当時から注目を集めていました。
「強いマシンに乗せたら誰も彼には敵わない」
と言われたほどカーレースドライバーとしての資質は群を抜いていたようです。
だからこそ、「イモラの悪夢」の惨劇は、
人々の心に強く焼き付いています。
もっと、ドキドキのスリルあるセナの走りをカーレースで見ていたかったです。

カーレース ドライバー

元カーレースドライバー鈴木亜久里を応援しよう!

カーレースにおける、
日本人F1レーシングドライバー初の表彰台を飾ったのが、
鈴木亜久里選手です。

デビューは、1988年。
ラルースチームのドライバーである、
ヤニック・ダグラスが中耳炎で急遽欠場になったことで、
スポット参戦という形での異例のF1デビューでした。
(鈴鹿サーキット場へレポート中継に向かうため、
 新幹線の中で参戦を聞かされたそうです)

日本人で最もF1ドライバーとして有名で知られる鈴木亜久里さんですが、
実は、そのF1人生は苦難続きでした。

アジア人初の表彰台という名誉を手に入れたものの、
その後は、バブル崩壊によりチームへの支援金が大幅にカットされるなど、
またマネージメントディレクターとの確執等で移籍を繰り返し、
最後はデビュー戦を飾った日本グランプリにてクラッシュをし、
骨折などの重傷のためそのままカーレースドライバーからの引退を表明、
オーナーとしての道を選びました。

鈴木亜久里さんには、日本にこだわる!
という信念の元、カーレースの最高峰F1に参戦したという、
とても崇高な考えに、とても共感しています!

私個人的は、鈴木亜久里さんといえば、
まだまだ、F1レポートの印象が強いですが、
何年もコツコツとカーレースチームを作り上げ、
いつかは、フェラーリのようなすばらしいチーム体制と、
輝かしい栄光を掴み取る事を、心から願っています。

カーレース ドライバー

カーレースドライバー佐藤琢磨には、不運を吹っ飛ばして頑張って欲しい。

カーレースにおけるF1レーシングドライバーの佐藤琢磨選手が、
SRS−F(ホンダと鈴鹿によるフォーミュラカーを用いたレーシングスクール)
に入門したのが大学の時。

それまでは自転車に夢中になっていたといいます。

3歳から補助輪無しで自転車を乗りこなし、
高校では自ら立ち上げた自転車部でインターハイに出場、
そして優勝を経験。
行動力と執着心も人より飛びぬけていたんでしょうね。
そんな折に、連れていってもらった鈴鹿サーキットでのF1の走りに取り憑かれ、
カーレースのドライバーになることを胸に誓ったそうです。

現在は「スーパーアグリF1チーム」に所属し、
日本人で過去二番目に表彰台に上り詰めたドライバーとして、
チームメイトのアンソニー・デビッドソンと共に奮闘中です。

私個人的には、カーレースドライバー佐藤琢磨が大好きなのですが、
運に見放されているとしか思えないような境遇ばかりで、
とても、やきもきした気持ちになって応援していますが、
佐藤琢磨選手には、
これを一流のカーレースドライバーになるための試練と受け止めて、
カーレースドライバーとして、世界に通用する実力を、
コツコツ蓄積していって欲しいと願っています。

カーレース ドライバー

カーレースドライバーといえば、、、

カーレースといえば、
私の中ではもちろん!「F1」ですが、
2007年シーズン最終戦で、
AT&Twilliamsからデビューした、
新人ドライバー中嶋一貴君がすんごくかわいいです。

1985年生まれの愛知県出身。
父親はあの、中嶋悟ドライバーなんです。
父親のカーレースを、
子供の頃からずっと見てきた一貴君は、
F1レースのドライバーになることを、
目標にしてきたんですって。
そりゃそうですよね〜、
300`以上の通常じゃ有り得ないスピードで駆け抜ける姿を、
目の前で見たら、誰だって魅了されます。

父親の才能を受け継いだ一貴君は、
過去のカーレース選手権のお立ち台を総なめ。
うれしいけど、心休まる日がないでしょうね、母親としては。
中嶋一貴君なら父親の74回という出走回数も、
すぐに抜いてくれるでしょう。これからに期待しています。

カーレース ドライバー

カーレースドライバー中嶋悟さんのスゴさ!

カーレースの中でも、
F1のファンは日本のみならず、世界各国に数多くいます。
カーレースのドライバーとして、
タイトルは手に出来なかったものの、
日本人F1ドライバー初のフルタイム走者になった中嶋悟さんをご存知ですか?

1987年にホンダからデビューし、
チームメイトにはあの、アイルトン・セナがいました。
短い期間でしたが、
セナと共に日本におけるF1ブームを巻き起こしたのが中嶋悟さんです。
最近のF1ファンやカーレースファンであれば、
裏方(?)での中嶋悟さんしかご存じないかもしれませんが、
一見、オジサン(失礼ですが、、、)ですが、
結構スゴイ、カーレースドライバーだったんですよ!

1989年には、
日本人F1ドライバー初のファステストラップ(最速周回記録)を記録し、
4位に入賞。
2004年に佐藤琢磨さんがラップリーダーを記録するまでは、
日本人で誰一人として、(1位)という記録を獲得出来た人はいませんでした。

引退した後も、カーレース元ドライバーとして、
新人ドライバーの育成などを積極的に行い、
佐藤琢磨さんなどのドライバーを輩出しました。
レースからは離れてしまいましたが、
中嶋悟さんの息子がF1デビューを果たしましたので、
これからも中嶋家から目が離せませんね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。