K.ライコネン直筆サイン入り 本人用レーシングスーツ 2007年シーズン後半戦使用品
フェラーリ関連商品をチェック

カーレース 歴史

カーレースの歴史上、最も悲惨な事故。セナよ永遠に。

カーレース歴史あるモータースポーツです。
様々なカーレースが各国で行われてきましたが、
F1はその中でも安全だと歴史の中で言われてきました。

しかし、1994年サンマリノグランプリにて事故が多発。
ドライバーが二人も死亡するという、
F1の歴史上最も悲惨なグランプリとなってしまいました。

レーシングドライバー、アイルトン・セナは、
マクラーレンからウィリアムズに移籍して翌年の1994年に、
サンマリノグランプリに参戦。
カーレース中、スタートを切ってすぐのコーナーを曲がりきれずにクラッシュ、
帰らぬ人となってしまいました。
この時の悲劇を「イモラの悪夢」として、
カーレースF1の歴史に今もなお刻まれています。

また、サンマリノグランプリのサーキットである、
アウトドローモ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリ
通称、イモラ・サーキットには、
「タンブレロ・コーナー」の方向に向かって、
うつむきに加減に座っている「アイルトン・セナ」の銅像があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91534001
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。