K.ライコネン直筆サイン入り 本人用レーシングスーツ 2007年シーズン後半戦使用品
フェラーリ関連商品をチェック

カーレース 無料ゲーム

カーレースで対戦可能な、無料オンラインゲームはこれ!

カーレースゲームは、
「頭文字D」という漫画が流行した年から急速に人気度が増し、
様々なゲームソフトが出てきました。

現在も尚、カーレースの無料ゲームが人気で、
パソコンからオンラインで楽しめる無料ゲームが多数出てきています。

簡単な登録をパソコン上で済ませるだけで、
人気のカーレースソフトに負けないほどの映像を見せる、
カーレースの無料ゲームが幾つかあります。

特に人気なのが、LEVEL−Rというオンライン無料ゲームです。
映像がとにかく細かくて、
市街の公道をレース場に見立てたコース造りもまた、興奮すること間違いなしです。
気に入った自分の走りをすぐにビデオテープに録画し、
友達と一緒に何度でも見る事が出来ます。
見えない相手と戦うオンラインゲームはスリルがあって、
暇な時間を満喫するには持ってこいです!

カーレース ソーラー

ソーラーカーレース鈴鹿の現状は、学生も参戦。

ソーラーカーによるカーレースが年々進歩してきました。
鈴鹿サーキットにて本格的なカーレースが行われるようになって、
早いもので16年目を迎えます。

「ソーラーカーレース鈴鹿」は、
国際自動車連盟FIAが公認した世界で唯一のソーラーカーレースで、
日本が絶対に誇るべき一つです。
当初は、企業からの参戦が多かったのですが、
近年では高校・高専・専門学校・大学生など学生による参加が目立ち、
およそ全体の7割以上を占めています。

電池で走る未来の自動車の開発は、
企業によってどんどん進歩してきています。
2年後には量産型のソーラーカーが公道を走っていることでしょう。
ソーラーカーレースに参加している学生達の力を企業が吸収し、
更なる発展と進化をスピードを上げて成し遂げていって欲しいものです。

カーレース 歴史

カーレースの記録として歴史に残るドライバーは、セナでなく。

カーレースF1に参戦しているチームドライバーの中で、
最も歴史に残るドライバーといったら、
「アイルトン・セナ」だと思います。

カーレースでのタイトルを3回勝ち取り、
世界一速いドライバーとして知られていましたが、
イモラの悪夢による惨劇で死に至った時には、
世界中を悲しみに包み込みました。

ドライバーでカーレース中に事故死した数は、
意外にも多く、過去に27人いますが、
F1の歴史上最も悲惨な事故だったと言われています。

過去4回ものタイトルを持つ「アラン・プロスト」もしかり。
セナとの因縁の戦いもまた印象に強く、歴史に残すこととなりました。

セナ、プロストを押しのけ、
7回ものカーレースの世界チャンピオンに輝いたのは
「ミハエル・シューマッハ」です。
過去にも現在にもこれを更新した者はまだいません。
「ルノーのアロンソ」の登場などにより、
世代交代として引退をしたシューマッハですが、
F1の歴史に大きく残るタイトル数と言えるでしょう。

カーレース インディー

インディー・カーレースが、燃料をエタノールにした代償に、、、

年間400万人もの観客を魅了する、
インディーカーレースが日本でも観戦出来ます。

ご存知の方も多いと思いますが、
国内にあるツインリンクもてぎにて、
毎年インディージャパンというカーレース大会が行われています。
今年で5年目を迎えました。

インディーに注目したいのは、レースだけではありません。
今年から、燃料を、ガソリンからエタノールに代えました。
しかし、ここがアメリカらしいんですが、
今年からまたカーレースの連戦が増えたのです。
せっかく燃料をエタノールに代えてエコをアピールしたのに、
大会が増えちゃ意味がないですよね・・・逆効果の可能性も・・・。

まあ、そんな矛盾だらけのアメリカ最大のカーレース、インディー。
いろいろな意味で目が離せません。

カーレース インディー

カーレース・インディーは、日本でも開催されています。

世界最大の自動車レースと言われるのが、
インディーカーレース
始まりは1911年と96年も前になります。
しかし、戦火で中断し、
2007年で91回目を迎えることになりました。

アメリカの北側、インディアナポリス市にて、
毎年5月末のメモリアル・デーの前日に開催される
「インディアナポリス500マイルレース」は、
かなり大きな大会になっています。

日本でも、国内唯一のオーバルコースを持つ「ツインリンクもてぎ」のサーキット場にて、
カーレース、インディー・ジャパン300マイルが、
5年に渡り開催されてきました。

インディー・カーレースには日本人ドライバーも参戦しています。
日本で開催されるようになって、
インディーファンも増えてきていますので、
今後もインディーのカーレースに注目していきたいです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。